運転支援車(レベル2)は,2016年頃から国内外で販売されています。

運転支援機能は,適切に使えば,事故を減らしたり,快適に運転したりすることが期待される機能です。

ところが,国内外において,複数の事故が発生しています。

2020年には,2018年に東名高速で起きたテスラ車の死傷事故の判決が出ています。

このようなレベル2の事故の法的責任は誰にあるのかについて論文を書きました。

具体的事故事例分析を通じた自動運転車の交通事故に関する刑事責任の研究②

~運転支援車(レベル2)の事故~