自動運転の実用化に向けた道路運送車両法の改正(2)

2019年5月,レベル3以上の自動運転の実用化に向けて,道路運送車両法が改正されました。

この改正について,5回にわたり解説しています。

第1回は,総論として,①道路運送車両法の位置付け,②レベル3以上で生じる問題,③改正のポイント4つを概観しました。

第2回から第5回まで,各論として,改正のポイント4つについて,1つずつ解説していきます。

第2回の今回は,改正のポイントの1つめとして,最も重要な改正点である保安基準対象装置への自動運行装置の追加について解説します。

続きを読む

自動運転の実用化に向けた道路運送車両法の改正(1)

2019年5月,自動運転レベル3以上の自動運転の実用化に向けて,道路運送車両法が改正されました。

これから,5回に分けて,条文や国交省の資料に基づいて,道路運送車両法の改正の内容を解説します。

そうすることにより,今回の改正のポイントと残された課題を明らかにしていきたいと思います。

第1回は,総論として,①道路運送車両法の位置付け,②レベル3以上で生じる問題,③改正のポイント4つを概観します。

第2回から第5回まで,各論として,改正のポイント4つについてそれぞれ解説します。

第2回は,①保安基準対象装置への自動運行装置の追加

第3回は,②プログラムの改変等の許可制度

第4回は,③技術情報の管理

第5回は,④特定整備,技術情報の提供の義務付け

について解説します。

続きを読む

自動運転の実用化に向けた道路交通法の改正(3)

自動運転の実用化に向けた道路交通法の改正について,4回にわたり,解説しています。

第1回は,総論として,①道路交通法の位置付け,②レベル3以上で生じる問題,③改正のポイント3つを概観しました。

第2回は,ポイントの1つめの「自動運行装置」「運転」の定義について解説しました。

第3回は,ポイントの2つめの「自動運行装置を使う運転者」の「義務」について解説します。

続きを読む

自動運転の実用化に向けた道路交通法の改正①

2019年5月,レベル3(条件付運転自動化)の実用化に向けて,道路交通法が改正されました。

そこで,これから,4回に分けて,実際の条文や警察庁の試案を見ながら,道路交通法の改正の内容を解説します。

そうすることにより,今回の改正のポイントと残された課題を明らかにしていきたいと思います。

 

第1回は,総論として,①道路交通法の位置付け,②レベル3以上で生じる問題,③改正のポイント3つを概観します。

第2回は,改正のポイントの1つめとして,「自動運行装置」「運転」の定義

第3回は,改正のポイントの2つめとして,「運転者の義務」

第4回は,改正のポイントの3つめとして,「作動状態記録装置」

について説明します。

 

続きを読む

内閣府SIP自動走行システムシンポジウムに登壇しました

2018年10月7日,東京国際交流館において,内閣府戦略イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システムのシンポジウムが開催されました。

シンポジウムでは,「あなたと考える自動運転の安心・安全」をテーマとしてパネルディスカッションが行われました。

「自動運転をめぐる法的責任」というテーマで発表をさせていただくとともに,パネリストの一人として登壇させていただきました。

開催報告がこちらのWebサイトに公開されています。

私が当日の発表に使用した資料も掲載していただいていますので,もしご興味があれば,ご覧になっていただければと思います。

 

自動運転中にはどのような「運転以外の行為」が許されるのか④

自動運転中にどのような「運転以外の行為」が許されるのかという問題について,4回にわたり,整理しています。

第1回では,①用語の確認,②問題の所在,③問題となる場面

第2回では,①国際的議論の状況,②国内的議論の状況を整理しました。

第3回では,「運転以外の行為」を検討する前提となる「運転者の義務」について検討しました。

第4回では,

①「運転以外の行為」を規定する意義

②規定の在り方

③レベル3と4(運転手あり型)での違い

④システムによるコントロールの視点

について検討したいと思います。

続きを読む

自動運転中にはどのような「運転以外の行為」が許されるのか③

自動運転中にどのような「運転以外の行為」が許されるのかという問題について,4回にわたり,整理していっています。

第1回では,①用語の確認,②問題の所在,③問題となる場面

第2回では,①国際的議論の状況,②国内的議論の状況を整理しました。

第3回では,「運転以外の行為」を検討する前提となる「運転者の義務」について検討します。

続きを読む